SATデータ消去サービス

SATデータ消去サービスは、ソフトウェアによる上書き消去法でサーバやストレージのデータ消去をおこなうサービスです。記録媒体の初期化(フォーマット)をおこなったりするだけでは、データ本体は記録媒体上に残ってしまい、データの復元することができてしまいます。
エスエーティでは、国内外で多数の導入実績を誇る消去ソフトウェアによる上書き消去を実施し、お客様のデータを参照(復元や読み取り)できない状態にします。

SATデータ消去サービスの内容

弊社エンジニアが、事前のヒアリング情報を元にデータ消去の対象となるサーバ・ストレージの設置場所に赴き、専用のツールを用い、データ消去を実行します。

SATデータ消去サービスの内容

ディスクサブシスムテムの場合、消去用専用サーバを接続し、一括消去を行いします。
サーバ内蔵のディスク消去の場合、DVDメディアからBlanccoツールをブートし消去を行います。

SATデータ消去サービスの特徴

  • ソフトウェアによる上書き消去法を採用

    全世界100カ国以上での導入実績、国内1,700万以上のライセンス出荷実績を誇るBlancco社のデータ消去ソフトウェアを使用し、上書きによる消去をおこないます。

    《 消去方法の違いと特徴 》
    上書きデータ消去 磁気消去 物理破壊
    消去方法 ソフトウェアを使用して、0101などランダムな値をディスクに上書き ディスクを1本ずつ取り出し、専用の機械を利用して強力な磁気を照射してデータを消去する ディスクを、特殊な機械を利用して物理的に破壊する
    自動レポート/資産管理
    ハードウェア情報まで自動で抽出
    ×
    手入力
    ×
    手入力
    データ消去時間
    ディスク取り出し所要時間
    全ディスクを取り外す必要がない
    ×
    全ディスクの取り外し必要

    全ディスクの取り外しが必要な場合あり
    環境負荷軽減
    ハードウェアの再利用/再販が可能
    ×
    ハードウェア全体を破棄
    ×
    ハードウェア全体を破棄
  • データ消去レポート発行

    データの消去後は消去レポートを発行いたします。

  • 国際規格に準拠した消去方法を実施可能

    英国政府準拠方式(HMG)、米国国立標準技術研究所方式(NIST)などの国際規格に対応しています。

  • SSDのデータ消去にも対応

    全領域の消去が難しいといわれてきたSSD。Blanccoは独自開発したSSD専用の消去方式により、SSDの全領域に対する上書き消去を可能にしました。これにより、SSD搭載のサーバ・ストレージに対しても、廃棄、リース/レンタル返却時のデータ消去が可能になりました。

  • RAID構成のサーバのデータ消去時間を短縮

    RAID設定を自動的に解除する機能を搭載。サーバのHDDを物理的に認識し、複数のHDDの並列消去が可能となり、データ消去にかかる時間を大幅に短縮します。

SATデータ消去サービスのながれ

  1. 事前ヒアリング

    • 構成情報
    • 見積り
    • スケジュール調整
  2. 準備

    • 消去サーバの設置
    • 構成変更(必要に応じて)
  3. 作業実施

    • データ消去作業の実施
    • 実行されていることを確認し退館 *
  4. 確認

    • 作業終了予定時刻に再度入館 *
    • 作業の終了を確認
    • 消去用サーバの撤収
  5. 報告

    • 作業報告書の提出
    • データ消去証明書提出(有償)

*は大規模ストレージシステムの場合のみ実施

Blanccoについて

Blanccoは、1977年にフィンランドにて創業して以来、一貫してデータ消去ソフトウェアとソリューションを世界中で提供しています。データ消去専門の研究開発体制を社内に設置するなど、データ消去専業のソフトウェアベンダーとして、多様化するITプラットフォームやセキュリティに対するニーズに応えています。全世界6,000万以上、日本国内では1,300万以上のライセンス出荷数を誇り、世界中で広く使用されています。

サービス内容に関するご相談・ご質問がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

TEL:0120-979-017
※9:00〜17:30 土日・祝日・年末年始を除く

Real Time Web Analytics