一緒に働ける日を心待ちにしています

高橋 寛生

2013年入社

技術本部 技術支援部
コールセンターエンジニア

どの企業よりも真摯に面接をしていただけたことです

ーSATにはいるまで

専攻は農業機械で、ロボットやドローンを使って自然環境を調査する研究をしていました。
パソコンは小学校5年生頃からさわり始めましたので比較的はやい時期から好きでした。学生時代は、自作PCに没頭しており、知人や研究室のPCをよく直していました。 この趣味が高じて大学の研究室で壊れたパソコンの修理や、ネットワークを管理していた時期もあります。
この時に身に着けた知識が、ICTの基礎知識となって現在の私を支えています。

ー入社を決めた理由

率直に言いますと待遇が良かったのと、どの企業よりも真摯に面接をしていただけたことです。剰え、営業職に応募した私に技術部門で働いてみないかを声をかけてくださいました。
職種も、もちろん学生時代からICT業界に携わりたいと希望はありましたので入社を決めました。

仕事の大きさとその仕事を通して培われる技術と経験に大変満足しています

ー仕事内容を教えてください

某大手企業が行っている ICT機器の保守サービスを支援する業務を行っています。
私たちは日常生活の中で多くの情報をやり取りしていますが、その裏側では多くのコンピュータが情報を処理しています。 しかし、コンピュータも "物" なので、当然壊れることがあります。
壊れてしまった場合は原因を特定し、速やかに復旧処置を講じなければなりません。 私の仕事は、コンピュータが壊れた原因を”ログ”と言われる情報から特定し、どのような復旧処置を講じればよいのか指示を出すことです。

ー入社後の感想

一般の中小企業では扱わないようなICT機器の情報を得たり、直接触れたりできる点が魅力です。これは、同種同規模の他の企業では考えられないことです。
また、ICTに関するニュースを読んでいると、自身が保守に携わっている大手企業のシステムが取り上げられていることがありますが、その度に「このシステムを保守しているんだ。」という達成感とやりがいを感じます。簡単な仕事ではないですが、自身が行っている仕事の大きさとその仕事を通して培われる技術と経験に大変満足しています。

困難に直面しても目を背けず、コンスタントに物事に取り組むことです

ー今後の目標

自身の知識や技術に磨きをかけ、幾つかの資格を取得しようと考えています。 また、後輩が増えたことで、自身がエスエーティの中堅社員になりつつあります。
今まで意識しなかったことですが、今後は後輩の育成にも力を入れていきたいと思います。一つのチームで20代~60代と年齢も世代も違う人が一緒に仕事をしています。情報を共有しながら積極的に意見を伝えていきたいです。
後輩が知らないことを私が教え、私が気が付かないことを後輩から教えてもらうことでチームの結束力を高め、チームのポテンシャルを底上げできるよう頑張っていきたいと思います。

ー就職活動中の学生さんに一言

情報系を専攻していないと難しそうと考える方もいると思いますが、 実際は、技術的な理解を得るのが少し容易になる程度の差しかありません。
大事なことは、専門知識の有無ではなく、 困難に直面しても目を背けず、コンスタントに物事に取り組むことです。
また、直面している問題を仲間と共有して、共に克服しようという意識も重要で す。
皆さんと一緒に働ける日を心待ちにしています。

1日のスケジュールと休日

9:00 出社 夜勤者から日勤者への引継ぎ(夜間の問い合わせなどの残件を引き継ぐ)
残件の確認
9:20 午前業務開始
‐ 夜勤者からの引継ぎ事項を処理
‐ お客様からの問い合わせに対応(午前受付)
‐ その他の⾃社業務を処理
12:00 昼食
13:00 午後業務開始
‐ 午前業務の継続対応
‐ お客様からの問い合わせに対応(午後受付)
‐ その他の⾃社業務を処理
17:00 日勤者から夜勤者へ引継ぎ(日中の問い合わせなどの残件を引き継ぐ)
17:20 -その他の自社業務の状況を整理
‐明日行う業務をリストアップ
18-30 退社

ー休日の過ごし方

気分転換の為、⽤事がなくても外出することが多いです。映画を観たり、喫茶店でプログラムを打ったりしています。連休であれば、関東近郊の温泉に⾏くこともあります。また、天気が良ければマウンテンバイクに乗ったり、 釣りに出かけたりします。

募集要項はこちら

詳細をみる